【連携協力課】 TEL:029-282-6260/6956
e-mail:
タンデトロン施設 募集対象の設備
平成29年4月から平成30年3月まで
No. ビームライン 設備・装置の種類 装置の概要・条件 担当者・連絡先 備考
1 炭素ライン タンデトロン加速器質量分析装置(AMS) HIGH VOLTAGE ENGINEERING社製タンデトロンAMS(3MV)
同時入射方式、C-14/C-12、C-14/C-13、C-13/C-12比が測定可能。
測定はグラファイトで2mg(二酸化炭素ガス換算で0.25mmol)以上必要。
木下 尚喜
AMS管理課
TEL: 0175-22-4211
2 ヨウ素ライン タンデトロン加速器質量分析装置(AMS) HIGH VOLTAGE ENGINEERING社製タンデトロンAMS (3MV)、逐次入射方式、I-129/I-127比が測定可能。
測定にはヨウ化銀(AgI)で2mg以上必要。

注)測定試料の準備
   @炭素ラインを利用する場合、標準試料は利用者側で用意してください。
    (測定試料の前処理をAMS管理課に依頼した場合、標準試料はAMS管理課で用意します。)
   Aタンデトロン施設専用の測定用器具「ターゲットピース」及びプレス器具「バックピン、
    ステンレスプレート」は利用者側で用意してください。
   B測定試料、標準試料はターゲットピースに詰めた状態にして測定を依頼してください。
    (プレス作業をAMS管理課に依頼する場合、利用者側で測定試料、標準試料、ターゲット
    ピース、バックピン、ステンレスプレートを用意してください。)

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.